Kの技ログ

モバイルソフトウェア開発者の技術記録

FiftyThreeのPaperが面白い

スケッチや写真を添えられる高機能なメモアプリ?のPaper。Fifty Threeから出ているアプリで、いくつか面白いところがあった。

最初の印象

App StoreのEssentialsに入っていたので、良いアプリなんだろうなと思ってインストールした。インストール中に説明分や画像を見ながら想像してみたが、ちょっと高機能でカッコいいメモアプリなのかなぁ、という印象。Essentialsに入っていなければ、個人的にはダウンロードしない類だと思う。

起動直後にアカウント要求

いろんなアプリで行われていることだが、起動直後にアカウントを作成させたり、ログインを要求することはよくある。それが必然であるなら仕方ないことで、例えばストレージ系のサービスであれば、データの保存場所(サーバ)を借りるわけだから納得できる。ただPaperの場合は、メモアプリだと思って起動したのでアカウントを作成しなければならない理由が分からず、一瞬嫌な思いをした。でもその後、どんどん感動していくことになる(この時点でアプリを閉じなくてよかった)

「なぜアカウントが必要?」ボタン

f:id:kinosi:20151113021415p:plain:w200

画面下部にあるボタン。最初にアカウントを要求するアプリはたくさんあるけれど、アカウントが必要な理由まで載せているアプリはあまり無いのではないかと思う。このことについてはiOSヒューマン・インタフェース・ガイドラインにも書かれていて、アカウントが必要な理由や利点を明記しておくのが望ましい。アカウント無しで使えることと併用すれば、ユーザは安心できるだろうし、アカウント登録するタイミングを自分で判断できるなど、メリットがある。
このボタンを押した遷移先では、理由や利点の説明に加え、アカウント無しで始められるようになる(先延ばしにする)ボタンが用意されている。

アカウント登録なしで始める

これもよくあるパターン。アカウントの登録を先延ばしにする。どこかのタイミングでアカウントが必要になった場合、もしくは目玉の機能を利用する場合はアカウントが必要なるよということ。こちらとしては、「まぁとにかくどんなものか使ってみたいのだよ」という気持ちで初回起動しているのでとても良い。

使い方の解説動画が面白い

アカウント無しでアプリを使いはじめると、まず「ヒント」というか使い方の説明を見させられた。動画で見られるのでとてもわかり易かったのだが、何より面白い。「えっ!そんなことできるの!?」というのが動画を見ていた時に思っていたこと。特にスケッチ機能に驚き、すぐに使ってみたくなった。直後、これは動画で見せるのが一番上手いなと思った。AppStoreで読んでいた説明文は、あまり注意深く読んでいなかったのもあるだろうが、全然印象深くなく、頭に残っていなかった。だからヒント動画を見てはじめてこのアプリを使ってみたいと思い、同時にちょっと感動していた。AppStoreって動画も載せれたはずなので、載せるべきだなと思ったし、動画での説明ってこんなにも魅力的なのかと思い知った。

解説者の使用しているタッチペンも商品

解説動画は全部で10数本。1つの時間が短いので、さほど時間をとらずに全部見れる。一通り見ていると気づくのだが、解説者が使用しているタッチペンがカッコいい。それだけでなく、描きやすそうに見える。良いな、欲しいなと思えてくる。
実はこれ、アプリを出しているFifty Threeの商品でもある。アプリを使用していると分かるが、あるところでこの商品を扱うショップへのリンクボタン(専用の画面まで)用意されている。なるほどなぁ、上手いなぁと感動した。買わないだろうけど、欲しい。

整形される図形

動画でも解説されているが、スケッチでは例えば適当に四角形を描けば、ちょっと整形されて背景色まで付けられた四角形が描画される。言葉だけでは伝わらないが、ぐにゃぐにゃしていない良い感じの四角形や円、三角形を描くことができる。単なるお絵かきアプリであれば、逆にこういう機能は要らないように感じるが、これがメモアプリで、思いついたことを即席で描いていくものであることを考えると、とても必要な機能であるように思える。これだけでも、どんどんメモしたいなと思えてしまう。

とりあえずカッコいい

見た目も操作感もかっこいいので、個人的には触っていてとても楽しい。まだ使い始めたばかりであまり分かっていないことがあるが、使いこなせれば面白そうなアプリだと思う。